Pink Line

日本では 式年遷宮(伊勢神宮を始め
他多くの国内神社の建て替え) 
他にも五大陸には20年に一度
の行事や宗教催事・お祭り事・自然界には
滝・動物行動など地球と月に関連する
事が沢山有ります。

数百年・数千年続くモノの周期は
20年周期が大半です。
自然界の動物ではゾウは20年に一度
同じ地点で肛門を地に着けて座る事で
神とされる地域も有ります。

日本国内でも年間数ケ所で
Pink Lineは起こっています。
Pink Lineの時に一度その場所に立つ
と何かを感じることができます。
言葉での表現は、難しいですが、
体験された皆さんは
個々に何かを感じて決断をされています。
出来りる限り半径20Km以内での体験が、
ベストです。

伝統文化の流行・注目もなぜか20年のサイクルで
登場します。 昨今では「将棋」「相撲」なども
日本の伝統的な文化の流行です。
日本の「色文化」として現在年齢を祝う色として、
60歳を祝い色「赤」・80歳の祝い色「金」・
100歳の祝い色「白」を用いて伝統的に祝う
習慣・風習があります。
今後の長壽社会へ視覚色彩心理学
からのご提案、
120歳を祝う色「朱色」・
140歳を祝う色「紺」まで
ご提案させていただきます。

「朱色」は太陽中心部と血液の色に共通し、
「紺色」は空の広さと深さを表現する「色」です。







Pink Line

二十年という歳月を考えてみましょう。

二十年に一度の周期で
太陽と地球と月が満月の日の日中に
一直線上付近に整列する神秘的な現象。

二十年毎に同一地域に一直線状に
並ぶ瞬間が世界中で毎月起る。
満月を見たら「今日は、どこで
Pinke Line だったんだろう?」と思い

「翌朝」
晴れた日は朝陽を視て
太陽の光をいっぱい浴びましょう。

満月の日の翌朝の朝陽は最も
朝陽のパワーが強いと
言われる風習が五大陸に伝っています。

※ 満月の日の翌朝の朝陽を
浴びる現象は自然界の動物・植物
にも大きな意味と作用をもたらします。

▶ 動物は群れ家族ごとに集合したり、
移動する目安にもなっています。

▶ 植物は満月の翌日からの
約1週間の発育速度は通常の
約2倍です

多くの根を持つ植物の
根の芽立ちの時期も満月の翌日から
大半は始まります。



【 Pink Line 】

五大陸の先人達の太陽に関する叡智の
研究を始めて41年目に入る
視覚色彩心理研究所が
2001年7月21日に命名しました。